瀧井行政書士事務所 Topページへ www.e-takii.com
瀧井行政書士事務所 ヘッドイメージ
HOME 行政書士とは? 業務内容 事務所概要 お問い合せ リンク
   
イメージ画像   ●行政書士とは

  行政書士は、弁護士や会計士に比べて一般の人にはなじみが薄く、わかりずらいようです。
いったい何をする職業ですか、と良く聞かれます。
  行政書士は、国家資格の一つであり、また、頼れる街の法律家と呼ばれる士業で法律を専門とする者です。
  行政書士は、権利義務事実証明書に関する書類作成を官公署や許認可申請を専門としています。
〜何だか良くわからないですね〜
簡単に言うなら、書類作成の専門家(プロフェッショナル)ということです。
書類といっても事業を始めるための届出書類・営業許認可申請書類・契約書類等々非常に広範囲に及びます。
  行政官庁への許認可登録申請を報酬を得て代理人として行うことが出来るのは行政書士だけです。
  また、「権利義務に関する書類」の中には各種契約書や遺言書などですが、これらの書類は将来発生するトラブルを防止するために作成するものです。これらの書類の作成は、法的には弁護士(公証人)と行政書士にしか認められておりません。
ご注意:行政書士に相談することで、生活上のトラブルの大抵のことは解決・解消できます。しかし、事件になりそうな事柄は、弁護士に相談されるのもよいでしょう。


  行政書士は、お客様の依頼を受けて、官公署に提出する書類・権利義務・事実証明に関する書類をお客様に代わって、作成・申請することを業とします。(行政書士法第1条)
  行政書士は、知り得た秘密を漏らしてはいけない、守秘義務があります。(行政書士法第12条)

Copyright(C) 2004 Takii Office.All rights reserved.